新潟県ホーム にいがた食の安全インフォメーション
メインメニューをスキップ

食の安全インフォメーション内検索
新潟県庁ホームページ内を検索
食の安全インフォメーション食品安全寺子屋食品営業許可 > 食品営業許可を取得するまでの流れ
TOPページ サイトマップ 食の安全・安心情報 食品安全寺子屋  
食品安全の取組 食品安全ネットワーク 相談窓口一覧      

食品営業許可

12345 (5ページ中、3ページ目)

食品営業許可を取得するまでの流れ

営業種目の決定 どのような食品営業を行うか、どのような物を販売するか、どのような食品を製造するか等で、許可や届出の必要性、許可業種が決まります。これによって、必要な施設、設備、管理等が決まりますので事前に保健所へご相談下さい。
施設設備の相談 食品営業施設は、その業種毎に施設基準が条例で定められています。施設基準に合致していない施設については営業許可が出ませんので、施設設備の工事が始まる前に図面を持って保健所へ相談に来て下さい。
施設基準の他、管理運営基準を遵守する必要がありますので、これについても説明があります。
営業許可申請 上記の相談が終わりましたら、次に営業許可の申請となります。申請様式、書類の書き方や申請書の提出時期は、保健所にご相談下さい。
申請時の必要書類

手数料

営業施設の検査、許可 営業施設が完成すると、保健所の食品衛生監視員による検査が行われます。検査の日程は、申請書を提出した時に相談します。施設が基準に適合していると、許可になり、後日、食品営業許可書が交付されます。(不適事項がある場合は、改善後に再検査を受けることになります。)
更新 営業許可期間は、5年間です。許可の期限が満了する前に更新の手続きを行なって下さい。更新の申請も新規許可申請とほぼ同様の流れ(申請書の提出、営業施設の検査等)となりますが、提出書類等は簡略化されます。
相談窓口
相談窓口はこちら

1
2345 (5ページ中、3ページ目)

お問い合わせ このサイトの使い方 個人情報の取り扱いについて 著作権・リンク等について
Copyright(C)1996-2005 Niigata Prefectural Government. All Rights Reserved.本文へ戻るメインメニューへ戻る