新潟県ホーム にいがた食の安全インフォメーション
メインメニューをスキップ

食の安全インフォメーション内検索
新潟県庁ホームページ内を検索

TOPページ サイトマップ 食の安全・安心情報 営業者向け情報  
食品安全の取組 食品安全ネットワーク 相談窓口一覧      

微生物による食中毒

腸炎ビブリオ

特徴

  • 海の中に存在し、海水の温度が上昇(20℃以上)すると
    急激に増殖して魚介類に付着します。
  • 海水程度の塩分(約3%)を好む。逆に真水には弱い。
  • 増殖スピードが速い。最も生育に適した条件下(35℃〜37℃)
    では、8〜9分で1回分裂する。
  • 熱に弱く、低温ではあまり増殖しない。

腸炎ビブリオ画像

写真提供 : 東京都健康安全研究センター

症状

  • 激しい腹痛と下痢、発熱、嘔吐等。
  • 潜伏期間は8〜32時間(普通10〜24時間、短い場合は2〜3時間)
  • 数日〜1週間程度で回復。

原因となりやすい食品

  • 海産魚介類の刺し身や寿司等。
  • 二次感染を受けた食品。野菜の一夜漬け等は要注意。
原因になりやすい魚画像

予防のポイント

  • 調理前に魚体を真水でよく洗う。エラ、内臓を除去したあともよく洗う。
  • 二次感染を防ぐため、器具の使い分け(下処理用・調理用)、手洗いを徹底する。
  • 加熱調理する場合は、中心部まで十分に加熱する。
  • 刺し身等の生の魚介類は、できるだけ4℃以下で冷蔵保管する。
  • 調理後はできるだけ早く食べる(2時間以内が目安)

県内の発生状況

  • 主に7月から9月にかけて発生します。
  • 平成30年から令和4年まで食中毒の発生はありませんが、油断は禁物です。


お問い合わせ このサイトの使い方 個人情報の取り扱いについて 著作権・リンク等について
Copyright(C)1996-2005 Niigata Prefectural Government. All Rights Reserved.本文へ戻るメインメニューへ戻る